読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦のゆきこの漫画ネタバレブログ♪

ゆきこがまんがをネタバレします♪

あとかたの街 ネタバレと感想 『太平洋戦争末期、少女にとっての戦争』

こんにちは!

 

ゆきこです♪

 

 

今回はおざわゆきさんの『あとかたの街』について

 

書いていきたいと思います

 

 

 

➡試し読みはこちら

 

 

 

太平洋戦争末期の昭和19年の名古屋

 

木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生

 

 

青春真っ只中を過ごす少女にとっての戦争とは

 

どんなものだったのでしょうか…

 

 

ネタバレと感想

太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋

 

木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生

 

 

ある意味でどこにでもいる

 

青春時代を過ごす普通の少女である主人公あい

 

 

そんなあいの関心は

 

かっこいい女車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと

 

 

戦争で変わっていく周囲ことを子供ながらに察しながらも

 

微笑ましい日常をすごしていました…

 

 

しかし、日本の軍隊の重要拠点である名古屋が

 

戦争と無縁でいられるはずもなく…

 

 

あいの住む街、名古屋も米軍の空襲の目標にされてしまいます

 

 

 

可愛らしい画風と

 

それにミスマッチな重いテーマの作品でした…

 

 

作者のおざわゆきさんによって、

 

太平洋戦争末期の人々の生活が活き活きと明るく

 

描かれていきます

 

 

 

 

それだけでなく

 

その時代を生きる人々が

 

 

戦争が進んでいくにつれて

 

徐々に思想や友人関係にまで影響されていく様子が

 

あいの心を通じて伝わってきます

 

 

少女にとっての戦争とはいったい何だったのでしょう

 

 

わたしはスマホのコミックサイトで読みました

 

まんが王国なら会員登録不要で無料立ち読みすることができますよ♪

 

➡まんが王国はこちらから